かつきアン
生死の門

★2017年01月12日(木)
【ブルブル…018号 冬芽 氷る 凍る B /俳句の『かつきアン』発行】
 


◆ 冬芽 ◆



細幹の冬芽の滲み出す如し     行方克己



人眠る頃も一気の冬芽かな   阿部みどり女



雪割れて朴の冬芽に日をこぼす   川端茅舎



木々冬芽凍のゆるみに濃紫     前田普羅



お降りの庭木冬芽を確かむる    瀧 春一



冬芽満つ涙ふかざる吾子の意志   平子公一



蒼天に冬芽満ちつつ山枯れたり   相馬遷子



句碑にある巌のぬくもり冬芽立つ  野中亮介



げんまんの思はぬ力冬芽立つ   大見川久代



大いなる冬芽飛雪が岳を消す    及川 貞



喪の家族三人冬芽の紅とあり    橋本榮治



「歓喜歓喜(フロイデフロイデ)」冬芽びつしり耳をたて     吉原文音



刃のごとき地中の冬芽思ふべし   正木浩一



磯菊の冬芽にとほき日の匂ひ    中澤 愛



冬芽に目和服にパスタ似合ひたる  金田咲子



冬芽見て筆の不精を守り神    小檜山繁子



冬芽また焔のかたち牡丹焚く     原 裕








        
     け わ
   冬 ふ く
   芽 も わ
   か 抑 く
   な へ を
蝉    し  
海       
        
        




◆ 凍る B ◆



干足袋の日南に氷る寒さかな   大須賀乙字

一句画像選句画像



廃船の凍て屯ろせり宿の前   阿部みどり女



引汐に小貝の氷る真砂かな     藤野古白



引返す山路これより凍ててをり   稲畑汀子



恋の血の高鳴つていま月凍る    仙田洋子



我が行く天地万象凍てし中     高浜虚子



子の鶴も親にならひて凍てはじむ        波多野爽波



子供らにいつまで鶴の凍つるかな  石田波郷



家の中に水氷る日や荷風読む   田川飛旅子



家影の水に落ちゐて暮れ凍てし   富田木歩



寒天の田にうす墨の山凍る      原 裕



天ぐさの洗ひ場の石濡れ氷る    田中冬二



天暗し一本杉や凍てゝ鳴る    芥川龍之介



 


05:20
コメント(0)/トラバ(0)
[コメント / 俳句を投稿]







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++